【20代・30代】社会人男性におすすめオリエントスター腕時計3選

orientstarbestOrientstar-オリエントスター

はじめまして。普段はメーカーで機械設計をしているベルと申します!

この記事では社会人男性にオススメのオリエントスター腕時計3選をご紹介します

あなた
あなた
  • オリエントスターの腕時計が欲しいけどどれがいいのか迷っている…
  • 機械式腕時計入門機から、ワンランク上の腕時計が欲しいけどどれにしよう…
ベル
ベル

あらゆるオリエントスターの腕時計を紹介してきた私のオススメをこの記事でご紹介します!

また、私自身も機械式腕時計入門機から、思い切ってフラッグシップ『スケルトン』を購入しました

購入した今だからこそわかる、私と同じような方が後悔しないオススメモデルを紹介します!

この記事の内容

  • オリエントスターオススメモデル3選
  • おすすめの購入方法

オリエントスターはどのモデルも、普通の人からしたら高額な腕時計になります

この記事を読んで、気に入ったモデルのいい点・気になる点を含め、納得してから購入しましょう!

スポンサーリンク

『M45 F8 スケルトン ハンドワインディング』シルバー【RK-AZ0002S】

skeleton
筆者の2021年に購入した『M45 F8 スケルトン ハンドワインディング』シルバー

最初にオススメするのは、オリエントスターのフラッグシップ『M45 F8 スケルトン ハンドワインディング』のシルバーです

オススメの理由

  • 美しいフルスケルトン腕時計
  • 日本人の細腕にも似合うコンパクトなサイズ感
  • オリエントスターの高い技術力が感じられる1台

やはり、オススメする一番の理由はなんと言っても美しさ

機械式腕時計ならではの美しいムーブメントを、表面からも裏面からも堪能できます

さらに、パーツによって装飾加工も異なり、光の当たり方により変化する文字盤は、本当にきれいです

また、オリエントスターの技術の結晶である、シリコン製パーツが組み込まれています

これにより、パワーリザーブも70時間以上まで延長され、オリエントスターの高い技術力が感じられる1台になっています

パワーリザーブとは:

機械式腕時計の動力であるゼンマイを巻き上げて、止まるまでの時間

power-reserve
ベル
ベル

”ハンドワインディング”という名前の通り、この腕時計は手巻き式のため、自分で日頃からゼンマイを巻きあげる必要があります

『M45 F7 メカニカルムーンフェイズ』ネイビー/ホワイト/ブラック【RK-AY0103L/RK-AY0102S/RK-AY0001B】

recommendation

ムーンフェイズ機能を味わえる『M45 F7 メカニカルムーンフェイズ』も、ぜひオススメしたい腕時計です

ムーンフェイズ機構とは:

その日の月の満ち欠けを表示する機構

moonphaze

オススメの理由

  • ムーンフェイズ×オープンハートの珍しいデザイン
  • 文字盤・針・ムーンフェイズの調和した美しさ
  • 圧倒的コスパ

特に私がオススメしたいのは、次の3色のモデル

  • 上品さを感じるネイビー
  • シャープでかっこいい印象のブラック
  • あらゆるシーンにも合わせることができるシルバー

針や文字盤のデザインが変わっても、腕時計のデザインとして成立している、完成度が高い一品になっているのも、オススメする大きな理由です

ベル
ベル

色の選択は、個人的な好みが大いに影響しています

『スポーツ アバンギャルドスケルトン』シルバー【RK-AV0A02S】

avangyardskeleton

オリエントスター史上最高に男らしくてかっこいい『スポーツ アバンギャルドスケルトン』のシルバーがオススメです

オススメの理由

  • 男らしさ全開のデザイン
  • 腕時計全体が無垢のような珍しい仕上がり
  • 新モデルの半額近くの価格

同じ名前で新型が発売されていますが、新型は少し上品な雰囲気で、さらに価格も旧モデルの倍近くします

ただ、「価格が安いから」ではなく、”男らしさ”という点で、旧型の方が勝っている

と私は考えています

そのため、腕時計に男らしさやカッコよさを求める方に、ぜひオススメしたい腕時計です

ベル
ベル

新旧モデルの比較は、関連記事を見てください!

すべてのモデルに共通した気になる点

大きく分けて3種類の腕時計を紹介しましたが、購入する上で、すべてに共通して気になる点・知っておくべき点があります

それについても、ここで触れておきます

すべてのモデルに共通した気になる点

  1. 維持費がかかる
  2. 機械式腕時計の沼にはまり始める
  3. 普段使いする腕時計の置き場所に困り始める

維持費がかかる

クォーツの腕時計と比べると、どうしても維持費がかかってしまいます

この記事で紹介している腕時計は、すべて機械式腕時計ですので、メンテナンスのための定期的なオーバーホールが必須

オリエントスター公式のオーバーホール価格は約30,000円

この金額が、2〜3年に一度のペースで必要になります

クォーツの場合は、1~2年に一回、¥500~\1,500の電池交換が必要になる程度ですので、それと比較すると、どうしても維持費がかかります

ベル
ベル

スイス製の機械式腕時計のオーバーホール金額と比較すると、オリエントスターのオーバーホールの価格は安い方なのです…

【対処法】腕時計の修理専門業者にオーバーホールを依頼する

腕時計の修理専門業者に依頼することで、オーバーホール費用を抑えることができます

オリエントスターの場合は数万円、安くなる可能性があります

オリエントスターのオーバーホールについては下記参照ください

機械式腕時計の沼にはまり始める

10万円を超える腕時計を買い始めると、機械式腕時計の沼に、片足が浸かり始めています

ベル
ベル

10万円を超える腕時計を一本でも買うと、機械式腕時計に対して財布のひもが緩くなり、あれもほしいこれも欲しいと、視野が一気に広がってしまいます

機械式腕時計は、昔ほどではないにしろ、現在でも競合メーカーは多いです

数十万円の価格帯でも、10社以上のメーカー、さらに同じメーカー内でも同価格帯で異なるモデルがあり、まさに選びたい放題です

中古の機械式腕時計でも、「オーバーホールに出せばいいから手を出してみよう」と思ったら最後

中古の機械式腕時計を買い漁り、高額なオーバーホール代を払い続ける人生にならないように気をつけてましょう

オーバーホールなら【リペスタ】

普段使いする腕時計の置き場所に困り始める

最初の一本目に買う方も含めて、自分にとって高額な腕時計を買うと、きちんとした保管をしたくなりませんか?

また、2本目・3本目と腕時計が増えてきた方は、普段着けていない腕時計を棚の上にそのまま置いておくと、ほこりも積もるし、傷もつく恐れもあります

しかし、どのように保管すればいいのかわからない方もいるかと思います

まず最初の一本目という方には、次のような腕時計スタンドをオススメします

今回オススメした腕時計は、すべて裏面がガラスです

automatic
裏面から見える、ローターに刻まれている”ORIENT STAR”の文字がきれいに見えます

机の上にそのまま置いておくと、ガラス面とバンドがこすれて、傷が発生するリスクがあります

しかし、先ほどご紹介したウォッチスタンドに置くようにすると、バンドとガラス面がこすれることがなくなりますので、最初の一本目の置き場所としておすすめです

また、本数が増えてきた方には、次のような腕時計ケースがオススメです

これは私も愛用していますが、アルミの上質感と、ガラス天板の質も高く、非常にオススメです

ベル
ベル

自分の好きな腕時計が、かっこいいケースに収まっている様は、見ているだけで満足できます

腕時計の置き場所に困ってきたら、スタンドやケースを買うことを推奨します

おすすめの購入方法は楽天

楽天ではモノによりますが、オリエントスターの公式価格よりも5万円ほど、安く価格設定されています

高額のため、ポイントもかなりつくので実質5万円以上お得になることも

ベル
ベル

浮いた金額はオーバーホール代に充てましょう

リファービッシュ品という選択肢

オリエントスターの製造元、セイコーエプソン株式会社は”エプソンダイレクトショップ”でリファービッシュ品というものを販売しているのをご存じでしょうか?

簡単に言えば、未使用品だったものを回収してメンテナンスしたものです

referbish
出典:リファービッシュ品  | エプソンダイレクトショップ (epson.jp)

リファービッシュ品ならば、国内向けの、新品同様のモノが半額で手に入ります

『メカニカルムーンフェイズ』の場合、定価がおよそ20万円のため、半額の10万円程で購入することができます

ベル
ベル

ただし、今回紹介した『スケルトン』はリファービッシュ品として売り出されているのは見たことありません

リファービッシュ品  | エプソンダイレクトショップ (epson.jp)

まとめ:オリエントスターの本当にオススメしたい3選

  • 美しい『M45 F8 スケルトン ハンドワインディング』シルバー
  • ロマンあふれる『M45 F7 メカニカルムーンフェイズ』ネイビー/シルバー/ブラック
  • 男らしい『スポーツ アヴァンギャルドスケルトン』シルバー

個人的には、国内メーカーでもっとも機械式腕時計のデザイン性を追求しているのがオリエントスターと感じています

性能・装飾両方の技術的にも、海外ブランドのモノと比較しても遜色のない美しさ・仕上げです

それにも関わらず、大きめの家電量販店に置いてあるくらいにはお求めやすいので、ぜひ一度実物を見に行ってみてください

種類も豊富で、限定モデルもあるため、並べてもらって、自分にあった”オリエントスター”の腕時計を選びましょう

この記事で、オリエントスターの魅力が一人でも多くの方に伝わることを祈っています

タイトルとURLをコピーしました