【注文住宅の悩み 兼 書評】書斎が必要な理由【書斎の鍵】

thekeytolibrary Book-本
あなた
あなた

書斎があったらいいなと思うけど、ハッキリした理由が欲しい

ベル
ベル

『書斎の鍵』という本を読めば、あなたの”書斎が必要な理由”をハッキリできます
私もこの本を読んで、”注文住宅で書斎を作る理由”を明らかにしました

はじめまして。普段はメーカーで機械設計をしているベルと申します

この記事は、『書斎の鍵』の書評と、注文住宅の悩み「書斎は必要なのか?」解決を兼ねた内容です

スポンサーリンク

書斎は人生に必要な場所

家を購入する場合に限らず、人生において書斎は必要な場所です

  • 家をこれから買う人
  • すでに家を所有している人
  • 家の購入はまだまだ先の人
  • 大人も子供も、おねーさんも

あらゆる人に、書斎は必要な空間です

本で人生を変えるため

書斎が必要な理由は、”本で人生を変える”ため

本で人生を変える方法は、次の通り

  • 本と出合う
  • 本を思い返す
  • 本を並べて見る

しかし、”本で人生を変える”と聞くと、おおげさに感じるかもしれません

そこで、『書斎の鍵』の内容を交えて、「どのように本で人生を変えるのか?」

また「なぜ、書斎の必要性に繋がるのか?」について、順番に解説していきます

本と出合う

本屋さんに行き、自分が気になった本を1冊買ってみてください

ベル
ベル

中古書店で、100円の本でも構いません

本屋さんには数多くの本があり、その中の1冊を読んだところで大きくは変わらないかもしれません

しかし、あなたの人生にぶっ刺さる本がこの世には存在します

あなたの”人生の価値観を変える本”や、”窮地に陥ったときに心を支えてくれるような本”です

その本と出合うためにも、まずは1冊

本を読み始める必要があります

素晴らしい10冊の本と出合う頃には、「人生を変えるような本と出合う喜びは、何物にも代え難い幸せだ」ということを知ります

書斎の鍵

読書初心者の方には、ライトノベルがオススメです

あなた
あなた

いい大人が、ライトノベルなんて恥ずかしい

このように感じる方もいるかもしれません

しかし、ライトノベルの中には、読みやすいのに素晴らしい物語の本もたくさんあります

私のおすすめライトノベルは、次の通り

もちろん、小説や新書、自己啓発本でもなんでも構いません

まずは1冊、本を読んでみましょう

本を思い返す

読んだ本を人生に活かすには、本を思い返す必要があります

理由は、本を一度読むだけでは、ほとんどの内容が記憶に残らないため

人生を変えるほどの本と出会っても、内容を忘れてしまえば、やがて日常に戻ってしまいます

そのためにも、本は読み返す

もっと言うと、思い返すことで、本を人生にフル活用できます

本を並べて見る

本を思い返すためにも、本並べて見ることができる、書斎が必要になります

”書斎”と言っても、はじめは小さなカラーボックスでOK

ただ、1か月に1冊読むだけでも、10年経てば120冊にもなります

ベル
ベル

実際には、本を読むごとにスピードは早くなります

そのため、10年後には200冊は軽く超えてくると思います

読書習慣を何十年と続けるならば、保管する本は100冊程度では済まないでしょう

そうなると、”書斎”という空間が必要になります

たくさんの本を並べて見て、内容を思い返す

その繰り返しで人生を変えるためにも、書斎は必要な空間です

”書斎”は部屋でなくてもよい?

ダレカ
ダレカ

”書斎”と言っても、はじめは小さなカラーボックスでOK

と書いてあったけど、それなら”書斎”という部屋である必要はないですよね?

”書斎”が部屋であるのは必須ではありませんが、推奨します

理由は、本を思い返す時は、一人で色々考えることになるため

一人で考えるには、やはり部屋という区切られた空間で、静かに集中するほうが好ましい

そのためにも、一部屋として書斎を設けることをオススメします

まとめ:書斎は人生に欠かせない存在

家に書斎が必要な理由は、次の通り

  • 本で人生を変えるため
  • 本を思い返すため
  • 一人で考えを深める時間を作るため

ただ、これから家を作るという時に「書斎を作るのか?」で揉めている家庭は、きっと少なくないはず

そのような時には、『書斎の鍵』を読むのがオススメ

これを読むことで、「自分の人生になぜ書斎が必要か?」

その理由を明確にすることができます

ぜひ、一度読んでみて、”あなたの書斎が必要な理由”を明確にしてみてください

ベル
ベル

何を隠そう、私も「書斎を作らないなら、家は買わない」とまで言い切り、書斎を作ることができました

タイトルとURLをコピーしました